分裂症をわずらっている四次元のレベルでとおってる
我々の少し分裂症をわずらっている文章をよんでみてください でも道理は四次元のレベルでとおってるとおもいます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルインプロヴァイズの手続き

デジタルインプロヴァイズの手続き
インプロヴァイザーは内部観測者であり、
カテゴリーの変化に応じて、アフォーダンス
にそって行為を行う。
非平衡状態にはノイズの状態が対応する。
行為者は知覚(耳)として、
音の秩序化すなわち確率頻度の低い「ゆらぎ」
が組織化することを手伝うのと同時に,
たえず破壊を行っている。音の散逸的な構造
が破壊されてはまたあらわれるイメージ。
このプロセスを「強度」と呼び、
シンプルに「音色」があらわれていると表現する。
組織されたものはゴーストノートであるのと
同時にインド、ケルト、アラブのような
各ワールドミュージックのジャンルに対応する。
autopoiesisの視点からみると、
自己を貫きながらメタモルフォーゼを経ている
ということになるのだろうか?
ここでいう自己とは総調性、
音の現実界、全ての音をあらわす。
ケージやフェラーリのプロセスと
ブーレーズの修辞学の
ありかたをautopoiesisを通して
よりメタレヴェルで考慮していこう。

スポンサーサイト

プロフィール

lacaump

Author:lacaump
ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。